アニマルセラピーの効果は?

アニマルセラピーとは、ペット療法とも言われるものでペットによって人間が癒される事を指します。

これだけ聞くと、ペットで人間が癒されるだけ?と思われるかも知れませんが、実際、癒される事で人間の体に大きな影響を及ぼすと言う事がわかっています。

例えば、血圧の改善です。最近、高血圧で悩んでいると言う人も多いのではないでしょうか。また、薬を飲むほどではないものの、今後の事を考え、少しでも血圧の上昇を抑えておきたいと言う人も多いかと思います。

そんな人にお勧めだと言えるのが、アニマルセラピーなのです。高血圧に大きな影響を与えると言われている「コルチゾール」というホルモン。このホルモンは、ストレスが溜まると多く分泌される事がわかっています。

言い換えれば、ストレスを溜めなければ、高血圧の原因である「コルチゾール」が分泌される事はないと言えます。そんな、「コルチゾール」の分泌を抑える効果があるのが動物と触れ合い癒される事なのです。

大好きな動物と触れ合う事で人間は、「コルチゾール」の分泌を抑制する事ができ、ストレスを溜めることなく生活する事が可能になります。また、その結果、血圧の上昇も抑える事ができると言えるのです。

実際、ペットを飼っている人とそうでない人とを比較した場合、ペットを飼っている人の方が病院に通院する回数が少ないと言うデータもあり、医学的にも根拠のあるものだと言えるのです。

その他にも、アニマルセラピーの効果として言えるのがリラックス効果です。人間は、毎日の生活で多くのストレスを感じています。その為、少しの事でも苛立ってしまうと言う場合も少なくありません。

そんな毎日の癒しとなるペット。ペットと触れ合う事で、気持ちが落ち着きリラックス効果が高まるほか、不安な気持ちが和らいだり明日への気力が高まったりと言った効果を期待する事が可能です。

それらも、毎日、健康に過ごすためには大切なものです。直接的な治療と言えなくとも、これらのリラックス効果を得る事で、毎日、健康的に暮らしていく事が可能になってきます。

このようにアニマルセラピーには、血圧の上昇を抑えるといった体への直接的な影響の他、ヒビの生活を充実させる効果も得る事が可能になっています。ペットは、基本的にどのようなものでも大丈夫です。

自分が心から可愛い、愛おしいと思えるペットと触れ合う事で、明日への活力も産み出す事ができると言え、健康な人でも是非、お勧めしたいアニマルセラピーとなっています。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

寝つきが悪く、何度も目覚めるのはなぜ?

寝つきが悪くて何度か夜目覚めてしまうことがあるかもしれません。寝つきが悪くて何度も目覚めると疲れが取れにくく朝起き出すときに全く疲れが取れずに仕事などを行なって行く必要があります。そのように寝つきが悪くて何度も起きてしまうのにはいくつかの原因があるのでそのことについて紹介したいと思います。1つはストレスや緊張です。

仕事や人間関係からくるストレスが極度の緊張や興奮をにつながり寝つきが悪く、また一度寝てしまっても目覚めてしまう原因になります。ストレなどは自律神経に影響を及ぼします。自律神経には交換神経と副交感神経があり眠っているときは副交感神経が優位となって休息を取るようにするのですが、ストレスや極度の緊張により交換神経が働くようになり、眠りが浅くなってしまうことがあります。

そうなると寝つきが悪く、さらに眠りが浅いので何度も起きてしまうようになります。そのような極度の緊張が寝つきを悪くする1つの原因となります。2つ目は電気を少しつけたまま寝ることです。電気を少し付けていないと眠れない方もいるかもしれませんが、目を閉じていても光は目に届いてしまうので、その光によって目が覚めてしまい寝つきが悪くなることがあります。電気を付けたまま寝ていることにより寝つきが悪くなってしまうこともあります。

3つ目はスマートフォンやパソコンを寝る前にずっと見ているとブルーライトが脳を勘違いさせ寝つきが悪くなって目覚めてしまうことがあります。これも自律神経に影響を及ぼして寝つきを悪くする1つの原因になります。4つ目は夜間頻尿という状態で夜中に何度も起きてトイレに行きたくなることです。これは老化の原因で膀胱の筋肉が衰えてしまい、尿意を感じると体を起こしてしまう症状です。アルコールやカフェインなどを寝る前に飲んでも同じような症状になることがあります。

一度起きて眠れれば問題ないですが、一度起きると寝つけが悪くなる人もいますし、この夜間頻尿により寝つきが悪くて何度も起きてしまうような体質になることもあります。これが原因だと感じるならば病院に行って改善方法を教えてもらうことをおすすめします。以上のような原因が寝つきが悪く目覚めてしまうものとなります。

寝つきが悪くて一度起きると早く眠りたいと思うかもしれませんが、焦るとさらに寝つけ無くなるので、気にしすぎずないように少し音楽を聴くなどのリラックスした状態にしてからまた寝るようにすると良いと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

リラックス効果のある飲み物について

リラックス効果のある飲み物はこれだ!

イライラしたり落ち込んだり、私たちは、日々ストレスを感じながら生きています。
そんな時、飲み物でリラックス効果が得られたら手軽でうれしいですよね。どんな飲み物にリラックス効果があるのかを調べてみました。

●ホットミルク
牛乳に含まれるタンパク質が消化するとオピオイドペプチドと呼ばれる物質を作り神経を落ち着かせる働きをします。
また、牛乳に多く含まれるアミノ酸トリプトファンが体内で鎮痛や鎮静効果がある神経伝達物質セロトニンを作ります。
そのおかげで穏やかな気持ちになる事ができます。また、カルシウムがイライラを防止し、交感神経の働きを抑えリラックス効果があります。

●ココア
カカオに含まれるテオブロマという成分には、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの働きを助ける作用があると言われています。
また、カカオポリフェノールにもリラックスを促進する作用があります。カカオの含有量が高いほど効果が期待できます。

●カモミールティー
カモミールは世界中で古くから親しまれてきたハーブで、古代エジプトの時代から薬草として用いられてきました。日本では、カミツレという名で親しまれています。
ジャーマンカモミールという種類がハーブティーとして用いられ、その香りに鎮静効果がありイライラや疲労感を和らげます。
また、体を温める効果もあるので、副交感神経を優位にしリラックス効果があります。

●ジャスミンティー
ジャスミンはモクセイ科ソケイ属の植物でアジアやアフリカに生息しています。
緑茶やウーロン茶などのベースとなるお茶にジャスミンの花で香りをつけたお茶がジャスミンティーです。
そのジャスミンの香りの成分、ベンデルアセテートに脳をリラックスさせる効果があります。気分が不安定な時にジャスミンの香りをかぐと気持ちが落ち着きます。
また、ベンデルアセテートには脂肪燃焼の効果もあります。

●グレープフルーツジュースなどの柑橘系のジュース
グレープフルーツやオレンジ、レモンにはビタミンCが豊富に含まれています。
ストレスと戦ってくれるホルモンとして副腎皮質ホルモンがありますが、ビタミンCがその副腎皮質ホルモンの材料の1つとなっています。
ストレスが多いとビタミンCも大量に消費されてしまいます。人間は、体内でビタミンCを生成する事ができません。ストレスを感じたらビタミンCの摂取を心掛けましょう。

●生姜湯
ショウガは体を温めてくれます。ストレスは交感神経を優位にさせ、筋肉を硬くし、血行を悪くします。
ショウガが体を温め、副交感神経を優位にし、筋肉の緊張を緩め、血行を改善します。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

気軽にできるストレス解消法とは

私たちは、毎日知らず知らずのうちにストレスを感じて生きています。仕事でのストレス、子育てでのストレス、対人関係でのストレス。
それぞれ抱えるストレスは違いますが、ストレスがたまって来る事で、買い物依存症やアルコール依存症、うつや精神疾患にかかる人もいます。
ストレスは感じたらすぐに溜めずに解消する事が大切です。それでは、気軽に直ぐに出来るストレス解消法を見て行きましょう。

●体を動かす
何でも良いので体を動かします。オフィスで席が立てないのなら椅子の上で伸びをしたり、体をねじったり肩を上下にゆすったりと体が硬くなるのを防ぎます。
トイレに行くふりをして席を立って歩くのも有効です。自由が利く人なら少し散歩をしたり軽く体操をしたりします。
体を動かす事で血行が良くなり、自立神経の乱れを防ぎます。

●好きな音楽を聴く
イライラを感じた時は、激しい音楽を聴きます。寂しい時には寂しい音楽、自分の気持ちに沿った楽曲を選ぶ事が肝心です。音楽療法では、同調と言います。
自分の気持ちと同調の音楽を聴く事で、気持ちが発散できストレス解消になるのです。

●深呼吸をする
4秒で息を吸い7秒で息を吐くなど、息を吸うより吐く時間を長くします。
ストレスを感じている時、人は浅い呼吸になりがちです。ゆっくりとした呼吸をするだけで自律神経のバランスが整います。ストレスを撃退させます。

●ガムを噛む
リズミカルなガムを噛む動作は緊張感をほぐし、幸せホルモンと言われるセロトニンを分泌させます。
ガムを噛むと、緊張感が和らぎ、たかぶった神経を鎮める作用があります。アメリカの大リーグの選手たちがガムを噛んでいるのも緊張感を感じずにリラックスしてプレーできるためです。

●無理にでも作り笑いでも笑顔をつくってみる
笑顔をつくる事で、NK細胞が活発になります。NK細胞はガンやウイルスを撃退する細胞として知られています。
また、脳の活動が活発化します。またリラックス効果があるアルファー波が出るとも言われています。
笑顔をつくる事で人間関係にも良い影響があります。笑いが人との関係をスムーズにしてくれます。

●ともかく自分の好きな事をする
歌を歌う事が好きだったら、思う存分カラオケで歌いましょう。お酒が好きだったら、気のおけない仲間と楽しい時間を過ごしましょう。
但し、アルコールの飲み過ぎにはご注意下さい。また、好きな事に熱中しすぎて、睡眠不足にならない様に気を付けましょう。
ほどほどにストレス解消をします。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

カルナーキュアに行ったことのあるお客様のリアルな口コミ

カルナーキュアについて知りたいと思ったときに、とても役に立ったのが実際に体験した人の感想です。

 

街で見かけたマッサージ屋さんの実際の評判を聞くことは、なかなか出来ませんが、カルナーキュアの場合はお店のホームページに感想がたくさん掲載されています。これは施術を受けたいと考えている人にとってはとてもありがたいですし、お店も自信があるのでしょうね。

 

感想を寄せている人は20代から50代となっていますが、この世代以外の人も利用しているようで、なかには大学生の感想もあり、施術によって「より勉強に身が入るようになった」と書いていて、幅広い年齢層から支持されていることが分かります。

 

ですがやはり一番多いのは社会人のようですが、これは当然でしょう。仕事をしていれば、どんな人でも疲れやストレスがたまりますから、それをケアしていかなければ心身が悲鳴をあげて、仕事の能率も下がってしまいます。

 

「何度も通っていますが、施術を受けているときのリラックス感はすごいです」「毎日全然眠れない日が続いていたけどぐっすりと眠れるようになった」といった声が多く、職業を見ると、忙しく時間的にばらつきのある職種や、責任のあるハードなお仕事の人にも好評なようです。

 

さらに一人暮らしの女性や普通のOLさんの感想もありましたし、働く人は当然、家事や育児の疲れにも、お年寄りにもおすすめのようです。

 

お客さんの声を見ていると、カルナーキュアのセロトニン&オキシトシンマッサージという癒しホルモンの分泌を促すマッサージによって、心や脳が癒されていることがよくわかり、日々蓄積されていくストレスをうまく取り除くことにも有効なようです。

 

あまり眠れなかったのに眠れるようになったという感想が多いのも特徴ですし、中にはカルナーキュアは居心地が良くて最高の居場所だと言っている人もいます。多くの人が様々な悩みを抱えていますが、カルナーキュアの施術を受けることによって、気分が前向きになったり、ストレスが解消されるようですね。

 

疲れたらマッサージに行くという人は数多いと思いますが、効果を実感できていない人も少なくありません。そんな際には是非ともカルナーキュアのセロトニン&オキシトシンマッサージを体験してみませんか?

お客さんの声を読むと、興味が出てくるに違いありません。

 

~カルナーキュアの体験者口コミ~

体の芯からリラクゼーション効果を体感できました

ここのところずっと仕事が忙しく残業続きで心身ともに消耗しきってしまっていた時に、渋谷駅から徒歩三分のところにあるカルナーキュアを利用させてもらいました。
カルナーキュアは普通のマッサージサロンというよりも、女性の心と体の両面にアプローチする脳内物質のセロトニンとオキシトシンの分泌を促してくれるのが特徴の
ハンドセラピーで、まさに私にぴったりのマッサージサロンでした。

サロンの中は間接照明でトーンダウンしているのでとても落ち着いた雰囲気で、それだけでもリラックス効果が絶大でした。
そんな雰囲気の中でゆっくり時間をかけてマッサージをしていただき、まさに至福の時間を過ごすことができました。

カルナーキュアで施術を終えた時には、体が軽くなりスッキリして精神的なストレスも解消して翌日から頑張れました。

カルナーキュアでの施術体験について

私は、元々マッサージが好きで通っていたのですが、最近では、育児などのストレスからか、偏頭痛や、睡眠不足、そして体調不良で身体を崩しやすく、
さらに落ち込みがちなので、これをなんとかしたいと思っていました。そこで見つけたのが、カルナーキュアです。

カルナーキュアは、疲れなどを和らげてくれるだけではなく、このような心身ともの不調などを改善してくれる効果が期待できるということだったので、思い切って施術を受けに行きました。
初めて、ハンドセラピーと呼ばれる、手のマッサージを受けたのですが、一本ずつ手を丁寧にマッサージしてもらい、とても気持ちが良く、身体もぽかぽかと温まりました。
店内もとても落ち着いた雰囲気でしたので、気持ちも安らげましたし、普段の日常を忘れることが出来ました。

心身や脳が癒やされていくことを感じましたし、ハンドセラピーというものはとてもすごいんだなと思いました。
通い始めてからは、元々ストレスからの不眠症を改善したかったのですが、これが徐々に和らぎ、改善していきました。
マッサージを受けた日は、さらにぐっすりと眠れるようになり、ストレスが癒やされていく感じがしました。身体全体が安らげたような気がします。

 

慢性的にあった頭痛が最近減ってきました

慢性的な頭痛があって、カルナーキュアで施術をしてもらいました。
病院に行っても特に問題はないといわれるのですが、原因が分からず、頭や肩も毎回重くてつらくてとても困っていました。

カルナーキュアで施術を受けるようになってから体の緊張が取れてきて、体がだんだんと軽くなったんです。
そして、体も軽くなったのですが心も同時に軽くなれたのはとてもうれしかったです。心が軽いというのはとても心地よくて幸せなのだと分かりました。
スタッフの方の手が温かく、とても癒されました。温かい気持ちになれて、ずっと悩んでいた頭痛があることさえ忘れるほどでした。

後になって自身が頭痛を忘れていたということに気が付きました。それくらいずっと調子が良かったんです。それからは定期的にカルナーキュアで施術を受けるようにしました。
施術をしてもらっている間、とてもリラックスできるんです。

毎日緊張する生活の中で力を抜くということを忘れてしまっても、ここに来ると力を抜くことができます。
そのことがメンタルにもとても大切だと毎回考えさせていただいています。おかげで頭や肩が重いと思うことが減ってきました。
そして、調子が良いと思うことが以前よりもずっと増えてきました。

 

施術してもらってから安心して眠れました

最近仕事のストレスから寝付きが悪くて困っていました。夜中に何度も目が覚めて落ち着いて眠れなかったんです。

困っていて、どうすればいいかと思いいろいろ調べていたら、ハンドセラピーでリラックスできたという口コミを見つけ、カルナーキュアに興味をもちました。

施術してもらう前はどんな感じになるのかちょっと不安だったり、緊張していたのですが、感じのいいスタッフの方だったので、
施術してもらっている間も心がとてもリラックスできました。

これまで張りつめていたものがあったのですが、癒されることで張りつめていたものがすごし緩んでいきました。
とても幸せな気持ちになって帰ってからも、心も体もポカポカした感じになってゆったりとした気持ちで過ごすことができました。
いつもは疲れていてもなかなか眠りにつけないのですが、その日は安心して眠ることができたんです。夜中に目覚めることもなく、朝までぐっすりでした。

翌朝の目覚めがすごくすっきりした気分で、もやもやしたものがなかったのはとてもよかったです。
最近体もだるくて、日中眠くなることも多かったのですが、カルナーキュアで施術してもらった次の日、ずっとすっきりとした状態でいられました。
久しぶりにゆっくり眠れたからなのか調子もよくて、仕事もはかどりました。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

カルナーキュアのセロトニンについて知っておこう

カルナーキュアでの施術を受けるのであれば知っておきたい「セロトニン」。

セロトニンは三大神経伝達物質に数えられている存在ですが、あまり聞かないという人も多いようです。

知名度はそこまでありませんが、実は相当な効果を有しており、幸福ホルモンと呼ばれることでもそれは分かるでしょう。

 

精神的なバランスをとることができる優秀な物質で、特に近年セロトニンは注目を浴びるようになりました。

もしセロトニンが不足してしまうと、精神の安定を保つことが難しくなり、結果的に精神的な病気になることもあるようです。

自分には無関係だ…と感じているかもしれませんが、今の時代はこういった症状を感じるケースも多いです。

ですからいかにしてセロトニンを出すかということも重要視されています。

 

実はこの物質は腸の中に全体の9割がいて、血液の中と脳にもあることが分かっています。

精神的な部分に影響を及ぼす物質ということもあり脳にたくさんあるのかと思いきや、腸に全体の9割が存在しているというのには驚きです。

 

セロトニンが不足するとあまり良くない症状が現れるわけですが、そうなってしまう大きな原因はいくつもあります。

まずは睡眠時間が足りていないというケースです。

仕事が忙しい、通勤時間が長くて寝る時間がないという人もいるはずです。

 

さらに運動をあまりしていない人もセロトニンが不足してしまいがちになります。

特に長時間椅子に座って行う業務を行う場合には要注意ですし、しっかりと運動をするようにしたいです。

 

他にはストレスを感じたり、ダイエットの影響で不足することなども考えられ、現代に生きる人たちにとって逃れられない問題かもしれません。

しかしそれでは困りますが、カルナーキュアで施術を受けることによって、幸福ホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌を促してくれます。

 

もちろん生活習慣を改めることによってもセロトニンの分泌を増やすことができそうですが、なかなか生活習慣を変えることはできませんよね。

徐々に生活習慣を見直しながら、カルナーキュアも有効利用すべきでしょう。

 

セロトニンは一見すると難しい物質ですが、精神の安定にとって重要な意味を持っていて、人間には欠かすことができない存在です。

幸福物質のセロトニンによって、よりよい生活を目指しましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

カルナーキュアのサービス詳細-タッチケア

セロトニンやオキシトシンの分泌を促すには、スキンシップや親密なコミュニケーション、ボディタッチが効果的です。カルナーキュアのタッチケアは、ゆっくりと包み込むように背中にやさしく触れて、心と脳を癒していきます。

 

背中は文字通り、自分の身体の背面となり、日常生活で意識することのない部位です。
また、背中は全身の筋肉や、は胃腸などの臓器のツボが集まっている場所です。

 

背中の痛みは、自律神経と密接に関係してると言われます。また、ストレスが過度に溜まると、背中に痛みがくることがあります。

 

子育てをされた方は、こんな経験をしたことがあるかもしれません。子供が興奮してしまって、なかなか寝てくれない。そんな時に、背中を直接さわってマッサージすることで、赤ん坊の気持ちを鎮めて寝付きを良くする。
こういう経験がある子どもは、3歳くらいになってもママに「背中マッサージして」とお願いすることがあります。

 

背中には重要な自立神経が張り巡らされているにも関わらず、自分自身で触れることが出来ないために、ケアがおろそかになりがちです。しかし、この赤ん坊の例を見ると、背中へのタッチ、マッサージが人の心身にとって、いかに安心や癒やし効果をもたらすかが良くわかります。

 
アロマ
アロマもセロトニンやオキシトシンの分泌に効果的です。手への刺激によって分泌を促進させると同時に、香りでセロトニンの分泌も促します。

 

植物の香りで心と体を癒すアロマ、アロマオイルによって幅広い効能、効果があります。植物の各部位、花・茎・葉などからは、エッセンシャルオイルという液体が摘出できます。ここには香の元である芳香物質や、身体に良いとされる有効成分などが含まれています。

 

アロマを用いたセラピーには古代から長い歴史があります。古代エジプトでは、薫香や浸剤(ハーブティーやハーブオイル)として使われミイラ作りに乳香(フランキンセンス)や没薬 (ミルラ)が使われたとも言われています。

カルナーキュアの施術では、2つのホルモンが複合的に作用して、リラックスと覚醒がバランスよくもたらされます。また、アロマにはホルモンの分泌を促進させることに加えて、入眠をスムーズにする効果も期待できます。

 

ハーブティー

日本で、ハーブティーの効能が、リラクゼーションに効果的であると謳われるようになったのは比較的最近のことで、ストレス社会の加速化に伴って、心身ケアの重要性が叫ばれるようになったことと重層的に関係しています。

 

しかし、ハーブティー自体はこちらも長きに渡る歴史を持っています。
東洋発祥のチャノキから作るティーは、紀元前2700年頃、中国大陸の農業の祖先、神農があみだしたともいわれています。

 

最初は薬だったと思われますが、その後は味や香りを楽しむ嗜好品として、シルクロードを通ってヨーロッパ大陸まで、世界的に広まっていきました。
一方でさまざまな植物を身体に取り入れて健康を保とうという考え方も、紀元前に生まれました。ハーブから薬効を得ようとするのは5000年以上の歴史を持つインドの伝統医学、アーユルヴェーダをはじめ、様々な文化圏でみられます。

 

また植物に薬効を身体に取り入れるために、生のまま食べるだけでなく、植物油に浸して成分を抽出するなど、さまざまな手法が生み出されました。保存や運搬のために乾燥させるという技術も生まれました。

 

こういった営みを俯瞰すると人々の香りに対する、技術洗練の営みがよく分かります。ハーブはその種類によって安眠や、疲労やなど、様々な症状に効果があると言われています。リラックスやリフレッシュのために、ハーブの香りと心にも身体にも効くハーブティーでおくつろぎください。

 

自然の音のヒーリング音楽

ハンドセラピーやタッチケアによる「触れる」ことでの癒し、また、アロマやハーブティーなどの「香り」による癒やし、それに加えて、音、聴覚による癒やしで、カルナーキュアでは五感に訴えかける癒やしを提供します。

 

海外では特定の学習障害児を支援する臨床心理士によって使用されたり、サウンドヒーリングは音が睡眠障害を持つ人々を改善したり、 脳波の状態を整え調整、変更するために使用することにも使われています。

 

現代はエンターテイメント映画など、視覚的に刺激のあるものが強く求められる傾向が非常に強いです。また、音楽なども刺激のあるテンポの早い曲などが求められます。しかし、音も人の心身に癒やしをもたらす重要な要素です。

 

とりわけ、水温やとりの声などの自然の音は左脳を休め、ストレスを緩和してリラクゼーションの効果を高めます。都会の騒音から、少しだけ離れて、カルナーキュアの癒しに満ちた空間で一息ついてみてはいかがでしょう。

 

店舗について

カルナーキュアではスウェディッシュハンドセラピーを始め、上のようなリラックスできるサービスを受けることが出来ます。

 

また店舗は新宿、渋谷、秋葉原と、都内に3店舗あり、自分がアクセスしやすい場所で利用することが出来ます。

 

また利用する時には、メールか電話にて予約をすることをおすすめします。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

「セロトニン」・「オキシトシン」を増やす「スウェディッシュハンドセラピー」

日本と比較して北欧のスウェーデンでは、古くから副交感神経系の研究が学術的に行われてきました。その中でも、幸福ホルモンのオキシトシンの働きや仕組みの研究においては、現在も先進国です。

 

オキシトシンの分泌を促進するには、全身のツボが集まる「手」に触れることが最も効果的であると解明されています。それ以来、40年以上も昔から、スウェーデン独自の「触れる亅マッサージケアが医療行為として公的に認可されています。

 

このスウェーデン式ハンドセラピーは身体の苦痛や筋肉のコリをほぐすことだけが目的の、いわゆる日本的なマッサージとは異なります。目的はマッサージによって、“幸福ホルモン”あるいは“愛情ホルモン”と呼ばれるオキシトシンやセロトニンの分泌を促進させて、ストレスや痛みを軽減することにあります。

 

このスウェーデン式ハンドセラピーはいわゆるマッサージとは異なり、“幸福ホルモン”あるいは“愛情ホルモン”と呼ぱれるオキシトシンおよびセロトニンの分泌を促すことによってストレスや痛みを軽減します。

 

身体の苦痛を軽減させるだけでなく、自分自身の他者との関わり、社会性にも変化を与え、「他者への信頼」や「共感性」、また「優しさ」や「寛大さ」が増すといった効果も見られるのが、このスウェディッシュセラピーの特徴です。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

オキシトシンの効果

特に、人との関わりに作用する効果として、いわゆる「察する力」がアップします。
自分に対して話す相手の声の調子や仕草、表情などから、相手の感情を感じ取る力が向上するのです。

 

また、周囲の人への警戒心を薄れさせて、人間関係に対して積極的な姿勢となり、社交性が上がるとともに優しさや寛容さも促します。

自分の付近にいる人で、友達が多い人や、交流関係が広い人は、このオキシトシンの分泌が活発な人だと言えるかもしれません。

 

オキシトシンが多く分泌されると「人と関わりたい」という気持ちも上がり
相手と親密な人間関係を結ぼうという意欲や学習意欲や記憶力も高まります。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

「オキシトシン」ストレスを消し多幸感を与えてくれるホルモン

もう1つ「幸福ホルモン」と呼ばれるホルモン物質があります。それは別名「抱擁ホルモン」とも呼ばれる「オキシトシン」です。

 

人同士の簡単なスキンシップやボディタッチなどでも分泌されると言われるオキシトシン。セロトニン同様、心身のバランスや、ストレス耐性などに影響するという性質を持っています。オキシトシンの分泌が活性化すると、幸福な気分をもたらせると共に、脳や」心が癒されて、ストレスが緩和します。

 

また、抱えている不安や恐怖心が減少して、自分以外の他者を信頼する気持ちが増します。セロトニンが持っている効能に加えて、他者との関わりついての気持ちが前向きになること、また、特に肉体的な接触がホルモン分泌に関わっていることが、オキシトシンの特徴です。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする