「セロトニン」・「オキシトシン」を増やす「スウェディッシュハンドセラピー」

日本と比較して北欧のスウェーデンでは、古くから副交感神経系の研究が学術的に行われてきました。その中でも、幸福ホルモンのオキシトシンの働きや仕組みの研究においては、現在も先進国です。

 

オキシトシンの分泌を促進するには、全身のツボが集まる「手」に触れることが最も効果的であると解明されています。それ以来、40年以上も昔から、スウェーデン独自の「触れる亅マッサージケアが医療行為として公的に認可されています。

 

このスウェーデン式ハンドセラピーは身体の苦痛や筋肉のコリをほぐすことだけが目的の、いわゆる日本的なマッサージとは異なります。目的はマッサージによって、“幸福ホルモン”あるいは“愛情ホルモン”と呼ばれるオキシトシンやセロトニンの分泌を促進させて、ストレスや痛みを軽減することにあります。

 

このスウェーデン式ハンドセラピーはいわゆるマッサージとは異なり、“幸福ホルモン”あるいは“愛情ホルモン”と呼ぱれるオキシトシンおよびセロトニンの分泌を促すことによってストレスや痛みを軽減します。

 

身体の苦痛を軽減させるだけでなく、自分自身の他者との関わり、社会性にも変化を与え、「他者への信頼」や「共感性」、また「優しさ」や「寛大さ」が増すといった効果も見られるのが、このスウェディッシュセラピーの特徴です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です