寝つきが悪く、何度も目覚めるのはなぜ?

寝つきが悪くて何度か夜目覚めてしまうことがあるかもしれません。寝つきが悪くて何度も目覚めると疲れが取れにくく朝起き出すときに全く疲れが取れずに仕事などを行なって行く必要があります。そのように寝つきが悪くて何度も起きてしまうのにはいくつかの原因があるのでそのことについて紹介したいと思います。1つはストレスや緊張です。

仕事や人間関係からくるストレスが極度の緊張や興奮をにつながり寝つきが悪く、また一度寝てしまっても目覚めてしまう原因になります。ストレなどは自律神経に影響を及ぼします。自律神経には交換神経と副交感神経があり眠っているときは副交感神経が優位となって休息を取るようにするのですが、ストレスや極度の緊張により交換神経が働くようになり、眠りが浅くなってしまうことがあります。

そうなると寝つきが悪く、さらに眠りが浅いので何度も起きてしまうようになります。そのような極度の緊張が寝つきを悪くする1つの原因となります。2つ目は電気を少しつけたまま寝ることです。電気を少し付けていないと眠れない方もいるかもしれませんが、目を閉じていても光は目に届いてしまうので、その光によって目が覚めてしまい寝つきが悪くなることがあります。電気を付けたまま寝ていることにより寝つきが悪くなってしまうこともあります。

3つ目はスマートフォンやパソコンを寝る前にずっと見ているとブルーライトが脳を勘違いさせ寝つきが悪くなって目覚めてしまうことがあります。これも自律神経に影響を及ぼして寝つきを悪くする1つの原因になります。4つ目は夜間頻尿という状態で夜中に何度も起きてトイレに行きたくなることです。これは老化の原因で膀胱の筋肉が衰えてしまい、尿意を感じると体を起こしてしまう症状です。アルコールやカフェインなどを寝る前に飲んでも同じような症状になることがあります。

一度起きて眠れれば問題ないですが、一度起きると寝つけが悪くなる人もいますし、この夜間頻尿により寝つきが悪くて何度も起きてしまうような体質になることもあります。これが原因だと感じるならば病院に行って改善方法を教えてもらうことをおすすめします。以上のような原因が寝つきが悪く目覚めてしまうものとなります。

寝つきが悪くて一度起きると早く眠りたいと思うかもしれませんが、焦るとさらに寝つけ無くなるので、気にしすぎずないように少し音楽を聴くなどのリラックスした状態にしてからまた寝るようにすると良いと思います。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です