セロトニンの効果

セロトニンが感情のコントロールを司ることで、自分自身に嫌なことや、ショックなことが起こったとしても、ネガティブな気持ち(怒りや悲しみなど)を引きずることなく、ポジティブな考え方にしてくれます。また、衝動を抑制する働きもあり、ストレスから何かに依存するような状態を防ぐ効果もあります。

 

セロトニンが不足すると、興奮物質であるノルアドレナリンの作用が強まり、怒りやすくなったり、他人に対して攻撃的になったりします。
また、セロトニンはストレス耐性や、体内時計のコントールにも影響を及ぼします。セロトニンが充足していれば、ストレスにも強く、生活のリズムも整います。しかし、逆に欠乏すれば、ストレスに弱く、生活リズムも狂いがちになります。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です