セロトニンの効果

セロトニンが感情のコントロールを司ることで、自分自身に嫌なことや、ショックなことが起こったとしても、ネガティブな気持ち(怒りや悲しみなど)を引きずることなく、ポジティブな考え方にしてくれます。また、衝動を抑制する働きもあり、ストレスから何かに依存するような状態を防ぐ効果もあります。

 

セロトニンが不足すると、興奮物質であるノルアドレナリンの作用が強まり、怒りやすくなったり、他人に対して攻撃的になったりします。
また、セロトニンはストレス耐性や、体内時計のコントールにも影響を及ぼします。セロトニンが充足していれば、ストレスにも強く、生活のリズムも整います。しかし、逆に欠乏すれば、ストレスに弱く、生活リズムも狂いがちになります。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

「セロトニン」心身の安定や心の安らぎをもたらすホルモン

みなさんは、これまでに「セロトニン」という物質の名前を聞いたことはありますか?

 

仕事や私生活でのメンタルヘルス理解が重要視される風潮を受けて話題になった「セロトニン」。セロトニンとは神経伝達物質の一つです。また喜びや快楽の感情を司る『ノルアドレナリン』や恐怖や興奮の感情を司る『ドーパミン』と並んで、人間の体内で特に重要な役割を果たしている三大神経伝達物質の一つと呼ばれます。

 

色々な機会で目や耳にすることが増えた「セロトニン」。何となく心や身体に良い物質だということはわかっていても、具体的にどういった効能を持っているのか、知らないという人も多いと思います。

 

セロトニンが不足すると、心身のバランスが崩れ、気持ちがふさぎこんで引きこもったりします。近年、うつ病とセロトニンの関係が大きく取り上げられて、TVや雑誌等でも、その存在が大きく取り上げられるようになりました。

 

またセロトニンは精神を安定させ、幸福を感じやすくします。そのため別名、幸福ホルモンや幸せ物質と呼ばれ、その分泌が増えると幸福感をもたらすと言われています。
さらに、セロトニンにはこの他にも以下のような働きや作用をしています。

カテゴリー: 未分類 | コメントする